人参をぶら下げると馬はよく走る?

お久しぶりに参りまーす。

身体活動における金銭的インセンティブの影響

The Impact of Financial Incentives on Physical Activity: A Systematic Review and Meta-Analysis. Luong MN, Hall M, Bennell KL, et al. Am J Health Promot. 2020 Jul 16:890117120940133. doi: 10.1177/0890117120940133. (Systematic review)

 

要約

 

目的:身体活動(PA)に対する金銭的インセンティブの効果を評価する。

データソース:MEDLINE、Embase、その他7つのデータベース、2019年7月17日までの2つの試験登録。

研究の包含および除外基準:18歳の成人を対象としたランダム化比較試験で、PAに対する金銭的インセンティブの効果を評価している。グループ間の唯一の違いがインセンティブ戦略であることを条件に、どの比較対象者も対象とした。

データ抽出:2人の独立したレビュアーがデータを抽出し、研究の質を評価した。5765件の記録のうち、57件(51件のユニークな試験;n = 17,773人の参加者)が含まれた。

データ解析:5つのPAドメインのそれぞれについてデータをプールしたランダム効果モデル。

結果:金銭的インセンティブは余暇時間のPA(ジムまたはクラスへの出席;標準化平均差[95%CI]、0.46[0.28-0.63]、n = 5057)と歩行行動(歩いた歩数;0.25[0.13-0.36]、n = 3254)を増加させた。PAの総時間数(0.52[-0.09~1.12]、n = 968)、消費キロカロリー(0.19[-0.06~0.44]、n = 247)、またはPAガイドラインを満たす参加者の割合(リスク比[95%CI]1.53[0.53~4.44]、n = 650)には、介入後の変化は観察されなかった。介入が中止された後、インセンティブは余暇時間のPA(0.10 [0.02-0.18]、n = 2678)と歩行行動(0.11 [0.00-0.22]、n = 2425)のわずかな増加を維持した。

結論:インセンティブはおそらく介入終了時に余暇時間のPAと歩行を改善し、インセンティブが停止した後は小さな改善が時間の経過とともに持続する可能性がある。インセンティブは、消費キロカロリーや余暇時間の歩行時間(分)にほとんど差がないか、あるいは全く差がない。エビデンスの確実性が低いため、インセンティブによってPAガイドラインを満たす可能性が変わるかどうかは不明である。

この研究以前にわかっていたことは?

以前のシステマティックレビューでは、金銭的インセンティブが示唆されている 短期的には歩行行動を増加させる可能性があります。歩行行動を増加させる可能性があります。近年、身体活動(PA)に対する金銭的インセンティブを評価する試験が急速に増加しており、産業界では、健康的な行動を促す目的で金銭的インセンティブプログラムが実施されています。

この論文の新しいポイント!

 9181件を含む39件の個別試験のメタアナリシスにおいて参加者は、金銭的なインセンティブによって余暇時間が改善されたという中程度の質の高いエビデンスがある。

 インセンティブが取り消された後の最長の追跡調査では、効果が持続していた。また、金銭的な インセンティブは、消費キロカロリー、総消費カロリーに変化はありませんでした。

 ただし、効果の大きさにばらつきがある との結果であった。

見解

 中学2年生のときに学年で5番以内に入ったら携帯を買ってあげるという甘い誘惑に乗せられて勉強を頑張ったことがありました。見事5番以内を達成して、携帯ゲットしたわけでした。うーん。それまでは、5番以内になんて思い返すと入れていなかったかも。

 それ以降は勉強して点数を取ること、100点を取ることが楽しくなり自然と勉強が習慣化していったような気もしなくもないです。

 人間は目先の誘惑に流されやすい動物です。長期的な見返りを求めてなんて中々実行できません。この論文を拝見した時にこのことを思い返して、私の勉強のインセンティブの源泉は「携帯」だったかと思い出しました。

 子どもたちがゲームを辞めなくて困っている。うむうむ。わかるよその気持。そんなときに、目の前に人参をぶら下げてみると案外走り続けてくれる子もいるんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください